カナダ留学で二兎を追ってみる!?

昨今、語学留学の留学先として人気になってきているのがカナダです。

カナダ留学が好まれる理由は様々ありますが、主要なものを挙げると、カナダで話される英語はクセが無く一般的に通じやすい英語が身に着くこと、比較的治安が安定しているため安全であること、教育水準が高いことなどがあります。

カナダ留学の情報サイトです。

また、ワーキングホリデーというとオーストラリアというイメージが強いのですが、カナダでもワーキングホリデーに関する制度が整備されているため、カナダ留学を志す人が増えてきています。



一方で、カナダ留学が好まれる大きな理由があります。

共同通信社情報を網羅した総合サイトです。

それは、カナダは人口の約半分を移民が占めているために、様々な言葉と触れることができるという点です。カナダで有名なバンクーバーやトロントでは一般的に英語が使用されていますが、ケベック州ではフランス語が公用語となっているために、英語に触れつつもフランス語も勉強できるという、言わば「二兎を追う」「一石二鳥」のような語学留学もできてしまうのです。


当然、一度に二つの言語を学ぶためには相応の努力が必要となってくるため、これを成功させるためにはかなりの気を引き締めなければならないのも事実です。


しかし、二つの言語環境に同時に浸ることは、明らかに語学学習に関する視野拡大において大きな影響を与えることは間違いありません。留学に高い志を持つ人や、学習能力に自信がある人、他人よりも人一倍努力できる人などはカナダ留学をメインに考えてみるのも良いでしょう。